たった一つ’生理’をメカニズムで語り、
女性と男性両方の人生価値そのものを変化させる。


NO BORDER.代表 上野宏子

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

「生理」を「正しく」理解すれば、

女性の人生本気で変わる。

それは、

女性が笑顔で自分自身の人生を生き抜けるだけでなく、その周りにいる男性までもがしあわせになれることと、生理・更年期・不妊などの社会課題の解決

両方を実現する。

Produced by HIROKO UENO.

直近のイベント。

上野宏子主催セミナー

最終調整に入りました。しばらくお待ちください。


毎月オンラインマルシェ出展



2022年2月6日(日)
 AM9:00-12:00
ブースNO.13
トーク内容全面入れ替え。
これまでにご参加くださった方もぜひもう一度ご来場ください。

1月のテーマ
表テーマ:’生理’さえ理解すれば女性の人生本気で変わる。】
【裏テーマ:’更年期’の嫁にゴキゲンでいてもらう方法。】

9:00- / 9:30- / 10:00- / 10:30- /11:00-11:30-
 15分:フリートーク15分 × 解決策


参加無料・途中入退室自由
★★ 下記ボタンより、必ず事前に参加ご登録をお願いいたします。★★
当日の参加URLなどが受け取れます。
 
 
 
参加上の注意点
*参加の前に*
■ZOOMは最新バージョンでご参加ください。最新バージョンダウンロードはこちらから。
■出展者と交流を持っていただくため、基本的にカメラONで参加をお願いします。
■不測の事態により配信が中断することがございます。あらかじめご了承ください。

*参加方法*
1)下記の「参加はこちらから(登録)」よりURLをGET♪
2)ログイン♪
3)案内担当者が随時参加方法をお伝えします。
3)ご希望の出展ブースへご参加ください(途中での入退室自由)。

中村由佳莉さんコミュニティ内イベント
講演登壇決定。
*コミュニティ内イベントのため、外部からの参加受付はありません。

かながわ健康経営主催セミナー
講演登壇決定。
*健康経営にご興味おありの方にご参加いただけます。
(オンライン開催・参加無料)
詳しくはこちらから。


これからのこと、ぜひ一緒にお話しましょう。

  • 無料・要予約
    ■経営者様へ■

あなたの会社で、
「女性社員に永く笑顔で働いてもらいたい」
「女性社員の’生理’’更年期’をどう扱ってよいか分からない」
「男女社員間のセクハラトラブルを回避したい。」
「健康経営にどう取り組んで良いか分からない」


■女性を扱う事業・チーム運営者様へ■
あなたのチームで、
女性の’生理’にどう向き合ってよいかわからない。
指導者として’生理’について知っておきたい。
選手や父兄にも’生理’への認識ときちんと持ってほしい。  


■個人様へ■
婦人科疾患に関する病院の提案に不安がある。
生理や更年期・閉経後など体調の変化に振り回されている。
将来に漠然とした不安がある。
心のことで相談したいことがある。

女性を扱う立場にある男性の声、個人様からの相談を受けてきました。
ぜひ「経営者あるあるぶっちゃけ話」、誰にも言えない悩みなどお聞かせください。
きっとよい策が見つかります(^^)  
ご相談・お問い合わせはお気軽にどうぞ。


サービス概要

まったく新しい、かつ、時代に沿った、
「生理」「更年期」を切り口とした社会課題解決。
■婦人科スポーツ医学×NLP心理学■

「生理」を軸とした新しいコンディション管理のかたち
生理・更年期を理由に夢やキャリアを諦めなくていい生き方
女性が自分らしく生きしあわせな最期を迎える本当の方法

×

女性のからだと心の変化を理解できる男性の増やし方
セクハラ問題に巻き込まれない男性の育て方

それぞれに最適なオーダープログラムにて企業様・個人様をサポートします。

それは、必要とされる社会。

【女性】

■「生理」をできるだけ理由にせずに笑顔で働き、キャリアや夢を諦めない女性を増やす(社会人としてのマナーを身につける)。

■「男には分からない」という概念を取り払う。

■自身の人生をもっとアクティブに、計画的に生きていける女性を増やす。

■自分自身を大切にし、自己肯定感を上げ、もっと自分らしく笑顔で生きる女性を増やす。

■女性がはたらきやすい環境を作る。

 など。

 

【男性】

■女性の「生理」を理解することは、女性≠男性を理解する。

■女性のコンディションに適切に対応できる男性を育てる。

■「男には分からな」と言われなくて良い状況をつくる。

■「セクハラ」と言われない状況を作る。

など。

 

【GOALS】


①自分自身を大切に、自分らしい人生を生き抜いていける。

②社会人1年目から能力を発揮する若者育成(学校への導入)。

■コンディション管理できる女性と、マナーある男性を、学生のうちに育成する。
■社会人1年目からの活躍を目指す。

 

③長く・笑顔で・パフォーマンス高くはたらける社員育成(企業への導入)。

■女性がはたらく環境整備。

■少子化する中での強さの軸になる(ブランディング×良い若手や女性の人材確保)。

 

・・・・・・・・・・

ニーズに合わせて、オリジナルの研修やサポートを提案・実施します。

男性と女性の間に多くの共通理解・共通言語をつくり、男女間にあるネガティブな境界線(蟠り)を、滑らかに整えていくことを目指します。

 

「生理」を切り口とした、女性のヘルスリテラシー向上

「生理」「更年期」を理由に夢やキャリアを諦めることのない社会をつくる。
笑顔で自己肯定感高く生きる女性を育成する。

 


「生理を説明してください。」


この質問に対し、女性は、「1週間ほど出血する」「お腹が痛くなる」など、体感として起こる現象を説明できます。

なのに、本来なら治療すべき症状を放置したり、あるいは、あらゆる商品やサービスにお金と時間を注ぐわりには解決に至らない女性が圧倒的に多いのはなぜか?

それは、そもそも生理とは何か?安心していい生理と、心配な生理の違いはなにか?

PMSはなぜ起こるのか?

更年期とは何か?

そのメカニズムを説明できる女性はいません。

メカニズムを知らないがゆえに、より良い手立てに出逢ないままの女性が圧倒的多数な今。

必要なのは、女性自身が自身の「生理」を、「正しく」理解すること。

ご依頼いただいたお相手に合わせ、完全オーダーの体系立てたプログラムや個別サポート、オンラインセミナーなどで解決を目指します。

 

男性として、真の社会人マナーを身につける。

男性が、セクハラ問題に巻き込まれることのない社会をつくる。
女性との質の高いコミュニケーションができる男性を育成する。
 
【GOALS】
■社会人マナーとして、「男性と女性は違う」ということを理解し配慮できる自身を目指す。
■女性への理解を深めることで、セクハラ問題に巻き込まれない自身を目指す。
■家族や身近な女性と、質の高いコミュニケーション力を手に入れることを目指す。

・・・・・・・・・・

職場で一緒にはたらく女性や、あるいは奥様やパートナーなど、身近な女性に「生理だから」と言われても。

何か手伝えることがあるならしたいけれど。
どう対処してよいか分からない。
その話題に触れることで、「セクハラ」と言われないか不安。

それが男性の悩みです。

男性にも、女性のからだのメカニズムや、それによって起こる様々な身体の変化について学んでいただく研修を用意し、学んでいただけます。

女性のからだが男性のからだとは違うことを学ぶ。それは、男性としてのマナーであるだけでなく、結果的に、男性が「セクハラ」と言われてしまうことを防ぐ策になります。

 ご依頼いただいたお相手に合わせ、完全オーダーの体系立てたプログラムや個別サポート、オンラインセミナーにて解決を目指します。

 


ブログ・コラム

山口県経済誌『Y-JOURNAL』コラム。

過去記事はこちらから。

日本最大級占いサイト『ガイア占い』コラム。
 
  


活動実績・メディア

-主な活動記録・実績。
■2014.03   防府総合療術院二代目院長就任、経営の大幅方向転換を図る。
■2015.09 婦人科医でスポーツドクター高尾美穂氏と出逢う。
■2015.09 高尾美穂氏主催'女性×ケーススタディWS’第1回にてケース発表。
■2015.09 高尾美穂氏を追いかけるように各講座受講を本格化。
■2015.11 内田かつのり氏考案『アナトミック骨盤ヨガ』指導者資格取得。
■2016.10 高尾美穂氏主宰『婦人科スポーツ医学集中講座 』修了(1期生)。以降毎年受講継続中。
■2016.10 高尾美穂氏考案『骨盤底筋群トレーニングヨガ』指導者資格(1期生)取得。
■2020.03 婦人科スポーツ医学のスキルを持て余す自身に気付く。
■2020.03 ビジネス拡大・方向転換のため動き始める。独自プログラム開発。
■2021.02 ラーニングエッジ株式会社 MBS1修了。
■2021.02 元全日本バレーボーラー佐田樹理氏You Tubeチャンネル『お母さんの保健室』ゲスト出演。
■2021.03 県内企業向け研修実施スタート。
■2021.03 山口県経済誌’Y-JOURNAL’ 表紙&ピックアップ掲載。
■2021.03 山口県内中企業様向け研修実施スタート。
■2021.04 山口県防府市婦人アパレル’AZ’内 a塾講師。
■2021.04 株式会社シャイニングステージ SS大受講。
■2021.04 山口県経済誌’Y-JOURNAL’ コラム執筆スタート
■2021.04 日本最大級占いサイト’ガイア占い’ コラム執筆スタート
■2021.05 全米NLP協会認定トレーナー高屋敷奈央氏よりマスタープラクティショナーコース受講スタート。
■2021.05 日本チームビルディング協会高屋敷奈央氏よりチームビルディング概論パールコース終了。
■2021.06 婦人科スポーツ医学×NLP心理学で、唯一となる独自のプログラムを開発。
■2021.08 美祢青年会議所主催/大塚製薬協賛/美祢市役所後援イベントにて講演会登壇。
■2021.08 フラスコオンラインEXPO SKY HOPメンバー加入。
■2021.09 フラスコオンラインEXPO出展(毎月第1日曜)スタート。
■2021.11 幻冬舎発刊全国誌『WOMEN Slendipity-女性起業家50名 Professioinal』 4ページ掲載。
■2021.11 国内大手企業防府支店管轄社員様向けセミナー実施。
■2021,11 某社団法人立ち上げに主軸として関わる。
■2021.12 田嶋英子さんオンラインサロン『育自塾』プレミア講座にて講演登壇。
■2021.12 某企業スタッフ様向け研修実施予定。
■2021.12 新プログラム/各プロフェッショナルを動員しプロジェクト企画中。
■2022.01 某コミュニティ内講演登壇。
■2022.01 某健康経営チームセミナー講演登壇。
■2022    プロジェクト本格始動予定。

 
-その他の活動。
■2021.06 長女上野凜音(oto design)とのタグ活動『nico』立ち上げ。
■2021.06 nico.としてアボンコーポレーション運営『長州鋳物記念館』の運営に携わる。
■2021.07 nico.として長州鋳物記念館『まんほーるおやき』レシピ開発/デザイン、販売。
■2022     長男上野能聖と、長女上野凜音(oto design)との家族写真展を開催予定。

 
など。
 
 
ー主な知識・資格・終了課程。
 
■高尾美穂先生(婦人科医/スポーツドクター)
婦人科スポーツ医学集中講座1期・2期・3期・4期・5期修了
女性×スポーツケーススタディWS
骨盤底筋群トレーニングヨガ指導者資格
その他婦人科内分泌に関する正しい知識全般
 
■高屋敷奈央先生(全米協会認定トレーナー/日本チームビルディング協会認定トレーナー)
NLP心理学マスタープラクティショナー資格
日本チームビルディング協会認定チームビルディング概論パールコース終了
 
■内田かつのり先生
アナトミック骨盤ヨガ指導者資格
 
■健康経営アドバイザー
 
■健康測定士

■江原義弘先生・山本澄子先生・勝平純司先生
基礎バイオメカニクス 初級・中級
 

■石井慎一郎先生
バイオメカセラピー 1DAY/5DAYS

■近藤拓人先生
呼吸

■小松佳弘先生
視機能
小松式ヴィジョントレーニング資格

■小林俊夫先生
骨盤&骨盤底、仙腸関節の機能解剖及び評価

■町田志樹先生
解剖学

■河合眞哉先生
姿勢・足部

■唐澤幹男先生
筋膜

■田中創先生

■中鶴真人先
脳科学

など。



各種お申し込み・お問い合わせ

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信します。
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

代表ごあいさつ。

はじめまして。NOBORDER.代表、上野宏子です。

私は、婦人科医でスポーツドクターでもある高尾美穂先生から、婦人科スポーツ医学を6年間学んできました。

最初は興味本位で始めた学びでしたが、この知識を自分のものとして使いこなせるようになり気づいたことは、女性が思った以上に「生理」「更年期」「婦人科疾患」など、女性として起こる身体と心の変化について理解しておらず、それによって、それらにまつわるコンディションの変化にうまく向き合えずにパフォーマンスダウンを起こし、本来の能力を発揮できないまま過ごしていることでした。

そこで、女性に向けてのサービスを展開しようと試みましたが、スキルのなかった私は失敗しました。2017年ごろのことです。

その後私は、自身のスキルを最大に生かせる方法を考え続けました。

そして同時に気付いたことは、女性の生理や更年期について、実は男性もとても切ない想いをしパフォーマンスダウンていること。

さらには今、国が「健康経営」や「女性のはたらく環境整備」を推し進めはじめました。

私の専門スキルが生きると感じました。

女性がそれらに関して自分自身の中に抱える不安やわだかまり。

「男性」「女性」の間にあるわだかまり。

そこにある微妙な境界線(BORDER)を、滑らかに整えていくことが私にできる役割だと感じ、独自のプログラムを作り上げました。

この活動をやろうと決めて、私を支えてくれた多くの経営者仲間だけでなく、沢山の方々が私の想いに賛同し応援してくださるようになりました。

あらためて、感謝いたします。

また、ほかにも、人と人との間、各年代における文化や習慣の違いから生まれるギャップなど、私たちが生きる上でいろんなネガティブな境界線が存在します。

その境界線(BORDER.)を、多くの仲間とチームになって滑らかに整え、一人でも多くの人が、誰でもないたった一人の自分自身の存在の大切さやおもしろさに気付き、もっと笑顔で、もっと自分らしく生きられる、それが実現できるようなサービスやコミュニティを作っていくことを目指したく、活動名を「NO BORDER.」としました。

最初はたった一人で始めた私の活動は、多くの仲間の協力と、多くの方々の応援によって、今、大きくなろうとしています。

人の心が動けば、仕組みが変わり、社会が変わり、それは先々で新たな文化として浸透していくと信じています。

ぜひ、見守っていただけると嬉しく思います。


NO BORDER.代表

上野宏子

 




防府総合療術院